海の未来を考える 静岡・海洋産業シンポジウム

2018-3-28
海と日本PROJECT in 静岡県

こんにちは。海と日本プロジェクトin静岡県推進リーダーの北清杏奈です。

今回は、先日私が司会として参加させて頂いた「静岡・海洋産業シンポジウム」のリポートです。
シンポジウム司会
シンポジウムのテーマは、静岡発 海洋イノベーションの実現を目指して。

始めに行われた基調講演では、清水建設株式会社 海洋未来都市プロジェクト プロジェクトリーダーの竹内真幸さんが、深海や海上に都市をつくるという夢のようなプロジェクトについて話をしてくださいました。

CGを使った講演では海の都市の姿が具体的にイメージできて、とってもわくわくしました!
竹内真幸さん
竹内さん2
そのほかにも、誰もが手軽に深海の世界を覗くことができるロボットの開発など、

様々な立場で海と関わっている方たちのお話を聞くことができましたよ。

地球表面の約70%は海であり、その約80%は深海だそうです。

私たちは海がもつポテンシャルをまだまだ活かすことができていないというお話が印象に残っています。

今の子どもたちが大人になるころ、身近な海にどんなイノベーションが起こっているのか楽しみになりました!

関連リンク

ページ上部へ戻る