駿河湾の魅力を深〜く紹介!パーフェクトガイド

写真提供:静岡県観光協会  
 

富士山とWで日本一の駿河湾!

静岡には世界文化遺産であり日本一の高さを誇る富士山の他に、もう一つの日本一があるのを知っていますか? それは、富士山の南側に広がる駿河湾。伊豆半島の石廊崎と御前崎を結ぶ湾口は、約56キロメートル、奥行きは約60キロメートル、表面積は約2,300平方キロメートルにおよぶ広大さです。特に、その深さは最も深い地点でなんと水深2500メートル!日本一深い湾なのです。
 

駿河湾の「駿河(するが)」とは?

静岡の中部は、大化の改新以降に「駿河国」と呼ばれていました。由来は諸説ありますが、富士川をはじめ流れが速い川が多かったこと=「駿(する)どい河」という説もその一つです。
 

駿河湾の豊かさの理由は…?

駿河湾は世界でも有数の海底勾配が急な地形の湾ですが、黒潮系海洋深層水・亜寒帯系海洋深層水・太平洋海洋深層水という3種類の深層水が存在します。これらには清浄性、無機栄養塩類が豊富、低温安定性という特徴があり、商品開発や産業利用が進んでいます。
また、富士山の雪解け水が湧き水となって湾に流れ込むことも、駿河湾の恵みと考えられています。

 

生物多様性に富んだ湾内にはおよそ1000種類の魚類!

日本の魚類は淡水魚を含めて約2300種ですが、恵まれた環境である駿河湾内には、約1000種が生息していると言われています。また、最近では希少な深海生物が生息していることでも注目を集めています。(写真提供:沼津港深海水族館)

▶関連動画:深海魚を見て+食べるは残酷!?
▶関連動画:ココリコ田中監修!深海生物の世界

 

沼津港深海水族館
沼津港深海水族館では駿河湾で生息する深海生物を含めて約100種、約3000匹の深海魚を展示しています。生きた化石と言われる「シーラカンス」や駿河湾大水槽では日本一深い湾に生息する代表的な生物たちを紹介しています。
また、「駿河湾を味わう町」をテーマに駿河湾で獲れた食材をはじめ、静岡の食材を堪能できる「港八十三番地」も隣接しています。

黒潮の分流が湾内を還流するために外洋性海域の性質を持っている駿河湾。中央部の「石花海(せのうみ)」は、天然の漁場としても知られています。水揚げされるのはアジ、サバ、イワシ、カツオ、シラスをはじめ、サクラエビ(駿河湾のみ!)、タカアシガニ(漁獲量日本一!)、テングサなど、多岐にわたります。こうした海の幸が静岡県の食文化を支えてきたんですね。
焼津や清水など日本でも有数の漁港をかかえているので、新鮮な魚料理を味わえるグルメスポットも点在しています。静岡の海に来たら、是非足を運んで味わってみてくださいね。

 

世界からも愛される美しい自然景観

駿河湾はその景勝にも恵まれており、古くから多くの人々に愛されてきました。万葉集で山部赤人に詠まれたのに始まり、葛飾北斎の「富嶽三十六景」 、歌川広重の「東海道五十三次」 でも実に生き生きと描写されています。
その景観美への評価は今も変わらず、2016年には「世界で最も美しい湾クラブ(The Most BEAUTIFUL BAYS in the world)」に加盟が認められたほど。

湾の東側はリアス式海岸でダイナミックな景観が特徴。
伊豆エリアはフィリピン海プレートの火山活動に由来する自然が見られ、
静岡市の日本平や三保海岸からは、富士山と駿河湾を一望できます。
絶景ポイントの宝庫なので、お友だちやご家族と、気になるあの子とデートで訪れるのもオススメです。思い出の写真もインスタ映え抜群で自慢できる一枚が撮れること間違いなしですよ!

黄金崎。リアス式海岸の雄々しい風景には思わず息を飲みます
写真提供:静岡県観光協会

 

堂ヶ島(火山灰層)。伊豆半島は、2012年に日本ジオパークにも認定されています
写真提供:西伊豆町観光協会

 

三保海岸。三保の松原でも有名ですね♪
写真提供:静岡県観光協会

▶関連動画:海と大地が作り出したアート 神秘!「青の洞窟」を海中探検

 

全身で駿河湾を体感するアクティビティ!

多くの魚が生息する駿河湾は、釣り人たちを魅了する釣りスポットが点在しています。
(湾の東側ではメジナ、クロダイ、西側ではハゼ、カレイが釣れるかも?)
釣り以外にも、変化に富んだ地形をもつ駿河湾ならではの、海でできる遊びが!

■駿河湾に面している海水浴場とアクティビティ一覧
三保真崎海水浴場、三保内浜海水浴場:地引網、SUP、ダイビング、ウィンドサーフィン、カヌー
静波海水浴場:サーフィン、ボディーボード
マリンパーク御前崎:バナナボート、ウィンドサーフィン、SUP(スタンドアップパドルボード)
らららサンビーチ:ダイビング
大瀬海水浴場:バナナボート、シュノーケリング
田子瀬海水浴場:シーカヤック、シュノーケリング
松崎海水浴場:シーカヤック

駿河湾か上から富士山を望むのなら、清水港と西伊豆土肥港を結ぶ駿河湾フェリーがオススメ。航路は「海の県道223(ふじさん)号」と呼ばれて人気を集めています。

見てよし、食べてよし、遊んでよしの三拍子そろった駿河湾は東京から車で1時間強です。ぜひ遊びに来て、駿河の豊かな海を感じてください!

ページ上部へ戻る